着圧ソックスの洗濯方法で寿命が変わる!

着圧ソックスは洗濯機を使っても大丈夫なのかどうか、気になる人も多いでしょう。

 

アイロンや乾燥機は使わない方がいいのかどうか、洗濯の頻度はどれくらいで行えばいいのかどうか、気になっているあなたのために、今回は着圧ソックスの洗濯法についてご説明していきます。

 

着圧ソックスを使う時は、ネットに入れて洗うのがおすすめです。

 

着圧ソックスを買う人が意外と考慮するのを忘れてしまうのが「洗濯法」ですが、実は洗濯法も大事な部分です。
着圧ソックスに限らず、着圧機能を持ったインナーはお手入れや洗濯には気を使わなければなりません。

 

着圧ソックスは、通常のソックスと比べて構造が複雑です。
雑に扱ってしまうと着圧構造を支える縫製を痛めてしまうことがあります。

 

本来の着圧力・伸縮性による締め付け力が低下してしまいます。

 

着圧ソックスの素材は、ポリウレタンやナイロンで作られています。

 

このうちポリウレタンは、伸縮力のある繊維で着圧力の要となる素材です。

 

ただしポリウレタンは熱に弱いので、アイロンや乾燥機を使ってしまうと劣化してしまうこともあるでしょう。

 

人によっては手洗いなんて面倒…と感じる人もいますが、着圧力をキープするには丁寧な洗濯をすることが大切です。

 

もしも、着圧ソックスを長く愛用したいのであれば、洗濯表示をきちんと確認するべきです。

 

着圧ソックスに限らず、着圧系のインナーは、その商品によって素材や構成が違っているので、お手入れの方法も製品ごとに違っています。
そのため、製品ごとに洗濯法を変えなければいけません。

 

長く愛用していくためにも、パッケージに記載されている「洗濯表示」をしっかり確認してみましょう。

 

着圧ソックスは正しい洗濯法をとらなければ、いたみの原因になってしまいます。
生地が傷んでしまい、他の洗濯物に絡まって引き締めを弱めてしまう原因になりかねません。

 

できる限りネットに入れて洗濯してみるといいでしょう。
また、脱水の遠心力の強さでも伸びてしまうことがあります。

 

乾燥機やアイロンをあてているわけでもないのに、着圧ソックスの劣化が早いという人もいるでしょう。

 

熱にあてているわけではないのにどうしてこんなに劣化が早いのだろう?と気になる人もいるでしょうが、それなら一度、干し方を思い出してみましょう。

 

日差しにさらして干していると、着圧ソックスはいたみやすくなってしまいます。

 

陰干ししてしまうと、ポリウレタンが痛みやすくなる原因になってしまいます。
着圧ソックスの劣化を防ぐためにも、陰干しを心がけるようにしましょう。